本文の文字サイズ 小 中 大

ブログ

2014年11月

「恵庭市スポーツ振興まちづくり条例」を制定しました。

2014年11月29日

 恵庭市議会 第4回定例会において、議員提案により恵庭市スポーツ振興まちづくり条例を制定いたしました。

 同条例は恵庭市議会にとって初の議員提案による条例制定となり、2015年1月からの施行をめざしています。また夢と健康を育むスポーツ都市宣言に関する決議も併せて行い、1985年に制定された「スポーツ都市宣言」を全面改定しました。

 恵庭市スポーツ振興まちづくり条例は前文、目的や市及び議員の責務、市民やスポーツ関連団体、そして事業者などの役割を盛り込んだ全18条で構成されており、「市民誰もが夢を抱き、生涯を明るく健康的に過ごすことができる、活力あるまち『えにわ』の実現に寄与する」ことを目的としています。

 また夢と健康を育むスポーツ都市宣言では、「すべての市民が生涯にわたりスポーツを愛し、争いのない平和な世界をめざしましょう」など4つの目標を掲げ、高らかにスポーツ都市を宣言しています。

 昨年6月に全議員で発足したスポーツ振興議員連盟において、本条例の策定作業を進めてまいりましたが、それがこの様な形で結実いたしました。今後もスポーツを通した「健康で活力あるまちづくり」に邁進してまいります。

議会活動

スポーツ振興条例制定に向けた講演会

2014年11月21日

 恵庭市議会では11月19日(水) 午後6時より恵庭市民会館 中ホールにて、スポーツ振興条例制定に向けた講演会と題し、北海道日本ハムファイターズのコーチ兼作戦担当 白井一幸氏の講演会を開催しました。

 当日は冬の訪れを感じさせる肌寒さではありましたが、約250名もの方々にご参加頂きました。開会後、恵庭市議会スポーツ振興議員連盟を代表し私の方からご挨拶させて頂いた後、いよいよ白井氏の入場。参加者の方々から大きな拍手と歓声が沸き起こり、会場内の熱気も一気に高まりました。

 白井氏には現役時代や、アメリカ大リーグのニューヨーク・ヤンキースにコーチ留学した時代の経験にも触れながら、北海道日本ハムファイターズのコーチとして心がけていること、そして選手への指導方法などについて語って頂きました。参加者の方々とコミュニケーションを取りつつ、軽妙洒脱な中にも熱い想いのこもった講話で、参加された方々も熱心に聞き入っておられました。

 恵庭市議会では今月28日から開催される第4回定例会において、恵庭市スポーツ振興条例(仮称)を制定する予定です。私もスポーツの振興による活力ある『えにわ』の実現に向け、より一層努力してまいります。皆様のご指導とご鞭撻をお願い申し上げます。

議会活動

1

このページのトップへ