本文の文字サイズ 小 中 大

ブログ

2019年1月

恵庭市民の皆さまへ 年頭のごあいさつ

2019年1月 4日

新年あけましておめでとうございます。
恵庭市議会議長の笹松 京次郎です。
市民の皆様には、健やかにご家族お揃いで新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。

また、日頃より市議会に対しまして、温かいご理解と格別なるご指導とご協力を賜り、厚くお礼を申し上げる次第であります。

昨年の印象に残る主な出来事として、9月に発生した台風21号による暴風と北海道胆振東部地震により、道内に甚大な被害がもたらされました。
市民の皆様も、かつて経験したことのない状況に不安な日々を過ごされた事と思います。
改めて、地域の絆や日々の備え等多くの教訓を教えられました。

また、7月にはニュージーランドのティマル市との国際姉妹都市締結10周年を記念する式典が相互訪問により実施されました。
お互いの絆を再確認すると共に、多くの中高生の皆さんが国際交流事業を通し、貴重な体験を通し成長されています。

更に、スポーツや文化活動で日々努力された市内の青少年の方々が全道・全国大会に出場され、輝かしい成績を残されています。

体験・経験を通した成長が楽しみであり市民の大きな誇りと思います。

議会と致しましては、開かれた議会を目指し、議員研修会や市民フォーラムの開催をさせて頂きました。さらに、一昨年に引き続き、小学生に議会を傍聴して頂く機会もありました。

多くの市民の方々にご協力とご参加を戴きました事を嬉しく思いますと共により深く理解をしていただけるよう努力を重ねていかなければと決意を新たにしているところです。

「食は命の源であり、運動は心の健康に欠かせない」と言われています。
本年は、国内はもとより、市の行財政も厳しい状況下ではありますが、豊穣の秋を迎え、市民の皆様が大地の恵みに感謝し、ご健康でスポーツやレクリエーションを楽しまれ、平穏で心豊かな生活ができるような地域社会を築くことが、議会に課せられた大きな責務と考えています。

今年は統一選挙があり議員改選の年になりますが、その実現のために全議員が力を合わせ、一層の努力と研鑽を全力で重ねていかなければならないと決意をあらたにしています。

結びにあたり、本年が市民の皆様にとりまして健康で実り多い年になりますよう心からご祈念申し上げますとともに、市議会に対しましても変わらぬご指導、ご協力を賜りますようお願い申しあげまして新年のご挨拶と致します。

その他

1

このページのトップへ